Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

サーチターゲティングの仕組みと設定

サーチターゲティングの基本的な仕組みと、設定の流れは以下のとおりです。
サーチターゲティングとは
サーチターゲティングの主な利用メリット
サーチターゲティングの広告配信の仕組み
サーチターゲティングの設定方法

■サーチターゲティングとは

Yahoo! JAPANの各種検索機能でユーザーが検索したキーワードを利用し、ターゲティングを行う機能です。過去にあるキーワードを検索したユーザーが、別の機会 にYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)が配信されるウェブページを訪れると、過去に検索したキーワード(検索履歴)をもとに広告が配信さ れます。本機能により、キーワード単位での精緻なターゲティングが可能です。
また、スポンサードサーチで運用しているキーワードを併用することで、同じターゲット層へ重点的に訴求できます。
サーチターゲティングのしくみ

ヒント
  • 広告配信に利用する検索履歴の有効期間は、「1日以内」「3日以内」「7日以内」「14日以内」「30日間」の中から選択できます。検索履歴の有効期間は、サーチキーワードリストごとに設定可能です。
  • 広告を配信するユーザーが有効期間内にサーチキーワードで検索した回数を、「1回以上」「2回以上」「3回以上」の中から選択できます。サーチキーワードの検索回数は、サーチキーワードリストごとに設定可能です。
  • 異なるデバイス(PC、スマートフォン、タブレットなど)でも、同一のユーザーによる検索とシステムが判定した場合は、当該検索履歴をもとに広告が配信されます。
    例:
    Yahoo! JAPAN IDでログインした状態で過去にPCで検索した場合、同じYahoo! JAPAN IDでログインしたタブレット端末でも、広告は配信されます。

■サーチターゲティングの主な利用メリット

  • キーワード単位での精緻なターゲティング
    通常のターゲティング機能よりも精緻な粒度で、意図したユーザーへ広告を配信できます。
  • スポンサードサーチの補完的役割
    スポンサードサーチで運用しているキーワードをサーチターゲティングに活用することで、YDNでも同じターゲット層に訴求できます。スポンサードサーチとの併用で、より重点的なプロモーションが可能です。

 

■サーチターゲティングの広告配信の仕組み

サーチターゲティングでは、ユーザーが過去に検索したキーワードを語句に分解し、広告主が設定したサーチキーワードと一致する場合に広告を配信します。キーワード一致の判定例は以下のとおりです。
※2016年3月8日にキーワードの一致方法を変更しました。

広告が配信される例1 広告主が設定したキーワード 「不動産」
ユーザーの検索キーワード 「赤坂 不動産」
広告が配信される例2 広告主が設定したキーワード 「赤坂 不動産」
ユーザーの検索キーワード 「赤坂 不動産」
広告が配信される例3 広告主が設定したキーワード 「不動産 赤坂」
ユーザーの検索キーワード 「赤坂 不動産」
広告が配信されない例 広告主が設定したキーワード 「赤坂 不動産」
ユーザーの検索キーワード 「不動産」
ヒント
  • 弊社独自の分解方法で語句を分解した結果、分解した語句が広告関連ではないと判断した場合、広告配信の対象外となります。
    例:
    「自動車」を「自動」「車」に分解して広告配信することはありません。
  • 検索キーワードの語句の順番は、配信への影響はありません。
  • 送り仮名や全角・半角、大文字・小文字など、一部の表記ゆれを含んで分解します。
  • 配信対象をさらに絞り込む場合は、複数の語句を組み合わせたキーワードの設定をお試しください。
  • 語句の分解方法は随時改善していく予定です。

 

■サーチターゲティングの設定方法

サーチターゲティングは以下の方法で設定します。
1.サーチキーワードリストを作成
サーチターゲティング機能で利用するキーワードのリスト(サーチキーワードリスト)を作成します。
「サーチキーワードリスト」は、広告管理ツール「YDN」タブの「ツール」タブにある「サーチキーワードリスト管理」画面で作成します。
サーチキーワードリストとは
サーチキーワードリストの作成
サーチキーワードリストの管理

ヒント
  • 1アカウントに設定できるサーチキーワードリスト数の上限は1000件です。
  • 1つのサーチキーワードリストに登録できるサーチキーワード数は500個です。
  • 広告管理ツールで表示されるサーチキーワード候補は、リーチ数などをもとにシステムで自動抽出します。アダルトキーワードなどの公序良俗に反するキーワードは、サーチキーワード候補から除外されます。
  • サーチキーワード候補に表示されないキーワードは、登録できません。
  • サーチキーワード候補は、定期的に内容を更新しています。
ご注意
サーチキーワードリストは、インポート用テンプレートを利用して作成できません。


2.サーチターゲティングを設定可能なキャンペーンを作成

サーチターゲティングは、広告掲載方式が「ターゲティング」「インフィード広告」「動画広告」の場合に設定できます。広告掲載方式が「ターゲティング」「インフィード広告」「動画広告」のいずれかのキャンペーンを新規で作成します。

ヒント
作成済みのキャンペーンを使用する場合は、この手順は不要です。

キャンペーンの作成
ターゲティングについて
広告掲載方式について
3.サーチキーワードリストを広告グループに設定
作成したサーチキーワードリストを、2で用意したキャンペーン内の広告グループに設定します。これにより、1で作成したサーチキーワードリストに含まれるキーワードで検索したユーザーに対して、設定した広告グループ内の広告を配信できます。

ヒント
1広告グループに設定可能なサーチキーワードリストは1つのみです。

広告グループの作成
広告グループの設定情報の編集