Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

動画広告について

※「動画広告」は一部のお客様のみに提供している広告掲載方式です。キャンペーンの作成時に広告掲載方式「動画広告」が表示されないお客様は利用できません。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)では、動画を利用した広告を掲載可能です。動画広告を利用することで、インターネットユーザーに自社の商品やサービスの魅力をプロモーションできます。
動画広告の詳細については以下をご確認ください。

動画広告の特性とメリット

  • テキストや画像では表現しきれない、動画の特性を生かしたプロモーションが可能です。
  • スマートフォン版Yahoo! JAPANトップページ(アプリ/ウェブ)やYahoo! JAPANが提供する一部のサービスのタイムライン上に掲載されるため、より広範囲のユーザーに対する動画広告の掲出が見込めます。
  • 動画の再生開始後、10秒以上経過した場合のみ課金されるため、短時間しか再生されていない場合などの課金を抑制できます。なお動画広告の場合、広告からリンク先URLへの遷移(クリック)では課金されません。
  • 動画だけでなく、広告の説明文やクリックを促すボタンなどもあわせて表示できます。

動画広告の掲載イメージ

動画広告掲載イメージ

動画広告の再生イメージ

自動再生の場合

タイムライン上の可視領域で、動画広告の動画領域が50%以上表示された場合、動画の再生を自動で開始します。
※下図(1)のように動画領域が50%以上表示されていない場合は、動画が再生されません。
動画広告再生イメージ
(1)タップすると、全画面プレイヤーを表示し、動画の再生を開始します。
(2)タップすると、全画面プレイヤー再生を表示し動画を最初から再生します。
(3)タップすると、リンク先URLのページを表示します。

ヒント
  • タイムライン上では、動画ファイルに音声が含まれる場合でも音声なしで再生されます。
  • タイムライン上で自動再生を開始しない場合は、動画部分をタップすることで、全画面プレイヤーに遷移し再生を開始します。
  • Yahoo! JAPANアプリの場合、自動再生の設定によってタイムライン上での動作が以下のとおり異なります。
    • 「常にする」:
      タイムライン上の可視領域にて動画広告の動画領域が50%以上表示された場合、自動的に動画を再生します(3G、4G、Wi-Fi接続時)。
    • 「Wi-Fiのみする」:
      Wi-Fi接続時にタイムライン上の可視領域に、動画広告の動画領域が50%以上表示された場合、自動的に動画を再生します(3G、4G回線接続時は自動再生されません)。
    • 「常にしない」:
      タイムライン上に表示された動画広告は自動的に再生しません。
      ※初期設定では「常にする」が選択されています。

全画面プレイヤー再生の場合

全画面プレイヤー再生の場合

(1)タップすると、全画面プレイヤーを表示し、動画の再生を開始します。
(2)タップすると、リンク先URLのページを表示します。
(3)タップすると、動画を一時停止します。
(4)タップすると、動画の再生を再開します。
(5)タップすると、動画を最初から再生します。
(6)タップすると、リンク先URLのページを表示します。
(7)タップすると、タイムライン表示に戻ります。

ヒント
全画面プレイヤーでは、動画広告に音声が含まれる場合、音声ありで再生されます(デバイスの仕様や音量設定により音声が出ない場合もあります)。

動画広告の概要

項目 詳細
配信先デバイス、および掲載面
  • スマートフォン(iOS/Android)
    • Yahoo! JAPAN トップページ(アプリ/ウェブ)
    • Yahoo! JAPANが提供する一部のサービス
  • タブレット(iOS)
    • Yahoo! JAPAN トップページ(アプリ)

※タブレット(iOS)への配信は2018年10月15日以降順次開始されます。
※動画広告の配信先デバイス、および掲載面は予告なく変更される場合があります。最新の配信先は広告配信先レポートにてご確認ください。

掲載位置 タイムライン上
ヒント
  • 広告掲載方式「インフィード広告」の広告と同じ位置に掲載されます。そのためタイムライン上には「動画広告」と「インフィード広告」の広告が混在して掲載されます。
  • 広告掲載位置は今後変更になる可能性があります。
掲載本数 最大3本
ヒント
掲載本数は今後変更になる可能性があります。
動画再生時間 5秒〜60秒
課金方式 動画視聴課金(詳細はこちらをご確認ください)
ヒント
  • 10秒未満の動画は、動画が最後まで再生されたタイミングで課金されます。
  • 広告をクリックし、リンク先URLへの遷移した場合は課金されません。
入札価格の設定 1,000回の動画再生に対して入札価格を設定
ヒント
入札価格の下限は、1,000回の動画再生に対して1,000円です。
広告掲載方式 動画広告
ターゲティング設定 サイトカテゴリーターゲティング以外はすべて設定可能
ヒント
  • デバイスターゲティングはスマートフォンとタブレットの設定が可能です。
  • YDNで設定可能なターゲティングは以下のヘルプをご確認ください。
    ターゲティングについて

動画広告の課金方式

動画広告の課金方式は「動画視聴課金」です。
課金方式

  • 動画広告の再生後、10秒以上経過した場合のみ課金されます。
  • 10秒未満の動画広告は、動画が最後まで再生されたタイミングで課金されます。
ヒント
  • 動画広告が10秒以上再生された後に、同一セッション内で同じ動画が再生された場合、2回目の再生に対して課金は発生しません。ただし、セッションの切断後に同じ動画広告が再度リクエストされた場合は、課金対象となります。
  • 入札価格は動画1000回の再生に対する金額を設定しますが、広告料金は動画1回の再生に対して課金されます。
    1,000回の再生に対する入札価格が5,500円の場合
    →1回の再生に対して最大5.5円が課金されます。

動画広告設定の流れ

1.動画ファイルを追加する
動画広告に設定する動画ファイルを広告管理ツールへ追加します。
動画広告の入稿仕様や、動画ファイルの追加手順については以下のページを参照ください。
動画ファイルを追加する

2.動画サムネイル画像を追加する
動画広告に設定する動画サムネイル画像(動画再生前の広告に表示する静止画像)を広告管理ツールへ追加します。
また、必要に応じてロゴ画像(動画広告の全画面プレイヤーで、動画の停止中および終了時に表示する画像)も追加します。
動画サムネイル画像およびロゴ画像の画像フォーマットと、ロゴ画像の追加手順については以下のページをご参照ください。
動画広告の画像フォーマット
画像の追加

3.動画広告用のキャンペーンを作成する
広告掲載方式「動画広告」のキャンペーンを作成します。
キャンペーンの作成手順については以下のページをご参照ください。
キャンペーンの作成

4.動画広告用の広告グループを作成する
3で作成した動画広告のキャンペーン配下に、広告グループを作成します。
広告グループの作成手順については以下のページをご参照ください。
広告グループの作成

5.動画広告用の広告を作成する
4で作成した広告グループ配下に、広告を作成します。
広告には1、2で追加した動画ファイルや、動画サムネイル画像などを関連付けます。
動画広告の作成手順については以下のページをご参照ください。
動画広告を作成する

6.動画広告の統計値を確認する
パフォーマンスレポートや各種一覧画面にて動画広告の統計値を確認し、必要に応じて動画の内容や広告の設定などの見直しをします。
統計値の詳細は以下のページをご参照ください。
動画広告の統計値を確認する