Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

コンバージョン測定でYahoo!タグマネージャーを利用する

Yahoo!タグマネージャーでTwitter広告のコンバージョン測定を設定する手順は、以下のとおりです。

ご注意
事前に以下の操作を完了してください。
  • Twitter広告のコンバージョン測定で、ウェブサイトタグを取得する
  • Yahoo!タグマネージャーの初期設定で、ステップ2までを完了する
詳しくは以下のヘルプをご参照ください。
コンバージョン測定の設定
Yahoo!タグマネージャー設定の流れ
操作手順
  1. 広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリック
  2. 「Yahoo!タグマネージャー」をクリックし、スポンサードサーチ、またはYahoo!ディスプレイアドネットワークのアカウント行の[ログイン]ボタンを押す
  3. 「Yahoo!タグマネージャー」画面で、画面左側メニューの「ウェブサイト」をクリック
  4. 「ウェブサイトページ」画面の右側の[ウェブサイトページの追加]ボタンを押す
    ウェブサイトページの追加
  5. 「ウェブページの追加」画面で、以下の項目を入力
    ・ページ名
    「コンバージョンページ」など識別しやすいページ名を入力
    ・URLパターン
    サービスタグを設定するページのURL、もしくはURLのパターン(ドメインやディレクトリ)を指定
  6. [保存]ボタンを押す
  7. 画面左側メニューの「サービスタグ管理」をクリック
  8. 「サービスタグ管理」画面の右側の[サービスタグを追加]ボタンを押す
    サービスタグを追加
  9. 「サービスタグを追加」画面の検索窓に「ツイッター」と入力して検索
    サービスタグを追加
  10. 「ツイッターコンバージョンタグ (クライアント側)」または「ツイッターコンバージョンタグ (サーバー側)」のいずれかを選択
  11. タグの作成画面が表示されるので、以下の項目を入力
    タグの作成画面
    ・サービス名
    「Twitterコンバージョン」など識別しやすい名称をつける
    ・TXN ID
    ウェブサイトタグの「TXN ID」を入力する
    TNX IDは、Twitter広告のコンバージョン一覧で以下に表示されています。
    TXN IDの表示・売上金額
    1コンバージョンあたりの売上金額(固定値)を入力する
    ・受注数
    1コンバージョンあたりの受注数(固定値)を入力する
    ヒント
    ・「売上金額」「受注数」を設定した場合、広告管理ツールのパフォーマンスデータに値が表示されます。
    ・「売上金額」「受注数」が固定値の場合は、入力欄に数値を入力してください。コンバージョンごとに数値が異なる場合は、動的に値を挿入するようYahoo!タグマネージャー上でデータバインディング設定が必要です。データバインディング設定の詳細は、以下のページの「Yahoo!タグマネージャーご利用ガイド 上級編」をご参照ください。
    資料ダウンロード
  12. [サービスタグの作成]ボタンを押す
  13. ページを設定する画面で、追加したタグを実行するページ名横の[未設定]ボタンを押す
    インプットの設定
  14. 手順13で押した[未設定]ボタンが[設定済み]に変わったことを確認し、画面右下の[保存して次へ]ボタンを押す
    設定済みに変わったら、保存して次へボタンを押す
  15. 画面右上の[プレビュー]ボタンを押す
  16. 表示されたメニューから「有効」を選択
    有効を選択
  17. 「このタグを有効にしますか?」のポップアップ画面で[OK]ボタンを押す