Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」および「広告費用対効果の目標値」の設定条件について

自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」および「広告費用対効果の目標値」を設定するには、以下の条件をすべて満たす必要があります。1つでも満たしていない条件がある場合、「設定不可」と表示されます。

設定が可能となる条件

「コンバージョン単価の目標値」の設定条件

コンバージョン測定を設定している
※コンバージョン測定を設定していれば、該当のキャンペーンにコンバージョン数が発生している必要はありません。

「広告費用対効果の目標値」の設定条件

  1. キャンペーンの入札方法が「個別クリック単価」「個別クリック単価(拡張クリック単価)」のいずれかとなっている(キャンペーンに自動入札設定をつけていない)
    キャンペーンにおける入札方法の設定について
  2. キャンペーンの配信設定がオンになっている
    キャンペーンの配信設定(オン/オフ)の変更
  3. 設定するキャンペーンにおいて、過去45日間にコンバージョン数が20件以上発生している
    ※以下の状態を推奨します。
    • 過去30日間にコンバージョン数が50件以上発生している
    • 該当キャンペーンにおいて、少なくとも数日間、上記と同様の割合でコンバージョン数が発生している

      ヒント
      • 一度「広告費用対効果の目標値」を設定し、その後の45日間でコンバージョン実績が一定件数発生しない場合、予測に十分なデータが集まらないため、自動入札の精度が低下します。この場合、「設定不可」とは表示されず、自動入札の設定が完了した後、しばらくしてから設定がエラーとなります。
      • 入札方法の設定においてエラーが発生した場合でも、ポートフォリオ入札設定の新規作成のみ完了する場合があります。
      • 「コンバージョン単価の目標値」および「広告費用対効果の目標値」は、コンバージョンが継続的に発生しているキャンペーンでのご利用をおすすめします。

      ご注意
      「コンバージョン単価の目標値」「広告費用対効果の目標値」および「拡張クリック単価」のいずれかを選択している場合は、以下の点にご注意ください。
      • 該当のキャンペーンに適した「コンバージョン設定」において、「自動入札への利用」を1つ以上「する」に設定してください。
        自動入札への利用
      • 「自動入札への利用」をすべて「しない」に設定している場合、自動入札の精度に悪影響を及ぼし、コンバージョン数が伸びない、または広告が配信されない可能性があります。