Yahoo!プロモーション広告

スポンサードサーチ ヘルプβ

アドカスタマイザーの入稿手順(2)作成したリストをインポート 【キャンペーンエディター】

アドカスタマイザーの入稿手順「1.データ自動挿入リストを作成する」で作成したリストを、キャンペーンエディターからインポートします。手順は以下のとおりです。

ご注意
キャンペーンエディターで入力、修正した情報は、キャンペーンエディターからデータをアップロードし、広告管理ツールに反映すると作業が完了します。データのアップロード方法は以下をご参照ください。
データのアップロード方法
  • 操作手順
    1. 「共有ライブラリ」タブをクリック
      Common
    2. 「データ自動挿入リスト」をクリック
      Data Assignment List
    3. 「リストのインポート」をクリック
      Import
    4. 「ファイルのインポート」画面で、作成したデータ自動挿入リストを指定
      また、「データ自動挿入リスト名」にリスト名を入力します。文字エンコードはそのままで構いません。
      ご注意
      リストのインポート後は、同じリスト名は使えません。

      preview

    5.  [プレビュー]ボタンを押す
    6. インポートするリストの内容が表示される。項目名等を確認し、必要な場合は修正する
      規定項目を設定していて名称が異なる場合は、プルダウンメニューから正しい項目名を選択します。
      例:キャンペーン名の項目名を「キャンペ」と入力していた場合、その列がキャンペーン名とは認識されません。プルダウンメニューから「キャンペーン名」を選択してください。
      pulldown
    7. 問題がなければ、[データのインポート]ボタンを押す
      import button
    8. ファイルのインポート:確認画面が表示されるので、[実行]ボタンを押す
      Exec button
    9. 「処理が完了しました」と表示され、インポートが完了する
      エラーでインポートできないデータ(行)がある場合、手順8. の時点で「インポート不可能」と表示されます。インポートを実行すると、リストと同じ場所にエラーファイルが生成されるので、エラーファイルを開いてエラーの詳細を確認してください。
      インポートが完了したら、通常広告と挿入用広告を作成します。詳しくは「3. 通常広告と挿入用広告を作成する」をご参照ください。インポートしたデータ自動挿入リストは、審査の対象です。審査結果は、データ自動挿入リストの確認画面で、「審査状況」をご確認ください。詳しくは以下のヘルプをご参照ください。

      データ自動挿入リストの確認・修正・削除

ご注意
  • インポートしたリストと同一のリスト名は使用できません。インポートしたリストを削除しても、同一リスト名は使用できません。
  • リスト内のデータが大量にあるときは、審査完了までお時間をいただく場合があります。