Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

フリークエンシーレポート

フリークエンシーレポートは、フリークエンシーの実績を確認できるレポートです。
フリークエンシーキャップが設定可能なキャンペーンすべての広告のフリークエンシー実績をレポートで出力できます。
フリークエンシーコントロール機能を利用して広告運用を行う際は、フリークエンシーレポートも合わせてご活用ください。
フリークエンシーキャップについて

フリークエンシーレポートの新規作成や、作成したレポートの表示、削除、ダウンロードは、パフォーマンスレポートの画面から行います。
パフォーマンスレポートの各手順については、以下のページを参照してください。

パフォーマンスレポートの作成
パフォーマンスレポートの表示、削除、ダウンロードについて

フリークエンシーレポートの項目について

id1427_1

(1)日(期間)

レポートデータの集計単位ごとの日付を表示します。「表示切替」で選択した項目(日・週・月)によってレポートデータの集計単位と表示される日付が異なります。詳細は、以下の表を参照してください。

表示切替で選択した項目 表示内容
月単位でデータを表示。
レポートに表示される日付は、各月の1日です。
2014年2月の場合→20140201
週単位(月~日)でデータを表示。
レポートに表示される日付は、各週の月曜日の日付です。
日単位でデータを表示。

(2)キャンペーン・広告グループ・広告(階層)

レポート作成の際に「表示切替」の項目で選択します。フリークエンシーレポートを集計する階層の単位です。

(3)フリークエンシー数

指定した期間中に、1ユニークユーザーに対して広告が配信された回数です。

ヒント
フリークエンシー数が101回以上の場合は、「101-」の欄にまとめて表示されます。

(4)ユニークユーザー数

「フリークエンシー数」に表示されている回数分、広告が表示されたユニークユーザーの数です。
「表示切替」で設定した期間、階層ごとのユニークユーザー数として集計されます。

<フリークエンシー数とユニークユーザー数のカウントイメージ>

【例】
ユーザーA:1回
ユーザーB:2回
ユーザーC:4回
※回数はユーザーごとの広告配信回数
上記例の場合、フリークエンシー数、およびユニークユーザー数が以下のようにカウントされます。

フリークエンシー数 ユニークユーザー数
※()内は該当ユーザー
1 3(A・B・C)
2 2(B・C)
3 1(C)
4 1(C)
 
ヒント
  • フリークエンシーレポートは、2014年2月17日以降のデータの集計が可能です。ただし2014年2月17日のデータは一部のみのため、完全なデータを集計する場合は、2014年2月18日以降を指定してください。
  • フリークエンシーコントロール機能はCookie情報から取得したユニークユーザーの情報を基に広告の配信を制御しているため、以下の点にご注意ください。
    • 訪問者(インターネットユーザー)のブラウザーがCookieを受け入れない設定の場合は配信の制御の対象外です。このため当該ユーザーへの広告表示データはフリークエンシーレポートの実績値には含まれません。
    • インプレッションが発生しても、Cookie情報の取得状況によってはユニークユーザーの情報が取得できない場合があります。このため、インプレッション数がユニークユーザー数を上回るなどの差異が発生する可能性があります。