Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

フリークエンシーキャップについて


フリークエンシーキャップとは、1人のユーザーに対して広告を表示する回数の上限のことです。
フリークエンシーキャップを設定することで、ユニークユーザーあたりの接触頻度をコントロール(フリークエンシーコントロール)できます。
フリークエンシーコントロール機能については、「フリークエンシーコントロール機能」を参照してください。
フリークエンシーキャップを設定するには、期間、回数、階層を指定します。各項目の詳細については、下記表を参照してください。

設定項目 項目説明 設定内容
期間 広告の配信回数が制御される期間 ・月:1日~月末日
・週:月曜(0:00)~日曜(23:59)
・日:0:00~23:59
回数 1ユニークユーザーに対して広告を配信する回数の上限 1~99999回
階層 広告の配信回数を制御する階層 ・キャンペーン
・広告グループ
・広告


フリークエンシーキャップはキャンペーン作成画面、または各種一覧画面から設定できます。設定した内容は、キャンペーン設定情報の編集画面、または各種一覧画面から編集できます。
設定手順の詳細については、以下のページを参照してください。
キャンペーンの作成
キャンペーンの設定情報の編集
キャンペーン一覧から設定を編集する
広告グループ一覧から設定を編集する
広告一覧から設定を編集する
また、フリークエンシーの実績はフリークエンシーレポートで確認できます。
詳細は、「フリークエンシーレポート」を参照してください。

ヒント
  • フリークエンシーキャップは、1キャンペーンにつき1つのみ設定できます。複数設定することはできません。
  • フリークエンシーキャップの設定を変更すると、変更内容は同一キャンペーン内すべての階層に反映されます。
  • フリークエンシーコントロール機能はCookie情報をもとに広告の配信を制御しています。そのため、訪問者(インターネットユーザー)のブラウザーがCookieを受け入れない設定の場合は配信の制御の対象外となり、当該ユーザーへの広告表示データはフリークエンシーレポートの実績値には含まれませんので、ご注意ください。

 

■フリークエンシーキャップの設定例

<設定例1>
期間:月単位
回数:5回
階層:キャンペーン
→1ユニークユーザーに対して、同一キャンペーンの広告を1カ月の間に5回まで配信します。
フリークエンシーキャップ概念図1
ユーザーAに対して、今月すでにキャンペーン1の広告(広告1~4)が5回配信された。

  • キャンペーン1の広告(広告1~4)は、今月中はもうユーザーAには配信されない(上限回数に達したため)。


<設定例2>
期間:週単位
回数:5回
階層:広告グループ
→1ユニークユーザーに対して、同一広告グループの広告を1週間の間に5回まで配信します。
フリークエンシーキャップ概念図2
ユーザーAに対して、今週すでに広告グループ1の広告(広告1~2)が5回、広告グループ2の広告(広告3~4)が4回配信された。

  • 広告グループ1の広告(広告1~2)は、今週中はもうユーザーAには配信されない(上限回数に達したため)。
  • 広告グループ2の広告(広告3~4)は、今週中にあと1回ユーザーAに配信される可能性がある。


<設定例3>
期間:日単位
回数:5回
階層:広告
→1ユニークユーザーに対して、同一の広告を1日5回まで配信します。
フリークエンシーキャップ概念図3
ユーザーAに対して、今日すでに広告1が5回、広告2が2回、広告4が5回配信された。広告3はまだ配信されていない。

  • 広告1は、今日はもうユーザーAには配信されない(上限回数に達したため)。
  • 広告2は、今日あと3回ユーザーAに配信される可能性がある。
  • 広告3は、今日あと5回ユーザーAに配信される可能性がある。
  • 広告4は、今日はもうユーザーAには配信されない(上限回数に達したため)。
ヒント
  • フリークエンシーキャップの設定は、2014年2月17日以降のデータをもとに広告の配信制御が行われます。2014年2月16日以前の実績は、配信制御に加味されません。
  • システムの軽微な遅延などにより、ごくまれに広告がフリークエンシーキャップで設定された回数を上回って配信されることがあります。