Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

年齢ターゲティング

年齢ターゲティングでは、広告を配信するインターネットユーザーの年代をあらかじめ設定して、対象ユーザーの年代を絞り込むことが可能です。
「広告グループの作成」内のターゲティング設定の「年齢」で、「設定する」を選択します。
初期設定ではすべてのインターネットユーザーに広告が配信されます。
年齢ターゲティングは、以下の年代から選択します。複数の年代を選択することも可能です。

  • 13歳~14歳
  • 15歳~17歳
  • 18歳~19歳
  • 20歳~21歳
  • 22歳~29歳
  • 30歳~39歳
  • 40歳~49歳
  • 50歳~59歳
  • 60歳~69歳
  • 70歳~
ご注意
  • 「設定しない(全員に配信する)」を選択した場合は、すべてのインターネットユーザーに広告を配信します。初期設定ではこの項目が選択されています。
  • 「設定する」で任意の年代を設定した場合は、設定された年代と判定できるインターネットユーザーに対して広告を配信します。
  • 「以下のすべての年代」を選択した場合は13歳以上のすべての年代を配信対象とします。
  • ターゲティングの精度(正確性)はYahoo! JAPANによって保証されるものではなく、選択した設定およびその他の要素によって精度が異なる場合があります。
ヒント

拡張機能について

キャンペーンの広告掲載方式が「ターゲティング」「インフィード広告」「動画広告」の広告グループでは、年齢ターゲティングの「拡張機能」が利用可能です。
「年齢ターゲティング」を設定すると、ターゲティングの対象ユーザーだけでなく対象であると推定されるユーザーにも広告が配信されます。この「推定されるユーザー」を広告の配信対象に含める機能が拡張機能です。
例えば、「年齢ターゲティング」で「30歳~39歳」を設定した場合、広告の配信対象は、「30歳~39歳」と判断できる場合になります。「拡張する」にチェックを入れると、「30歳~39歳と推定されるユーザー」も広告の配信対象になります。
初期設定では「拡張する」にチェックが入っています。拡張機能を利用しない場合は、チェックを外してください。
なお、「拡張する」にチェックを入れない場合、広告の表示回数が大幅に少なくなる可能性がありますので、ご注意ください。

年齢が不明なユーザーへのターゲティングについて

年齢ターゲティングの設定項目で「不明」を選択できます。「不明」にチェックを入れると年齢が不明のユーザーへのターゲティングが可能となります。

設定方法の詳細は、以下を参照してください。