Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

ご利用開始方法 ステップ3(ページを設定する)

Yahoo!タグマネージャーのご利用開始時には、次の1から7のステップで設定を行います。
ステップ1:サイトを設定する
ステップ2:ユニバーサルタグの取得と設置
ステップ3:ページを設定する
ステップ4:広告管理ツールでタグの設定を確認する
ステップ5:タグの追加と設定
ステップ6:設置済みタグの削除
ステップ7:タグが正常に動作しているか確認する
サービスタグを設定するウェブサイトのページ設定を行います。ページ設定はウェブサイト全体、またはページのグループ単位や1ページ単位での設定が可能です。

ウェブサイトのページ設定を行う

操作手順
  1. 広告管理ツールの「運用サポートツール」タブをクリックし、「Yahoo!タグマネージャー」タブをクリック
  2. 対象のアカウント名左横の[ログイン]ボタンを押して「Yahoo!タグマネージャー」画面を表示する
  3. 画面左側メニューの「ウェブサイト」をクリック
  4. [ページを追加]ボタンを押す
    ページを追加
  5. ページの追加画面で設定内容を入力する[もっと詳しく
  6. [保存]ボタンを押す
    連続してページを追加する場合は、[保存してさらに追加]ボタンを押すと、次のページ設定を追加できます。
  7. 入力内容の保存が完了すると、ページ詳細画面が表示される[もっと詳しく

5.ページ設定の内容を入力する[操作手順5に戻る

ページ設定

(1)ページ名
「コンバージョンページ」や「サイトリタゲーティング用」など、サービスタグを設定するページを管理するうえでわかりやすいページ名を入力してください。
(2)URLパターン
サービスタグを設定するページのURL、もしくはURLのパターン(ドメインやディレクトリ)を指定します。URLのパターンを指定すると、パターンに合致したURLのページをまとめて設定できます。URLパターンの設定には「正規表現」か「ワイルドカード」のいずれかの利用が可能です。

ヒント
「ワイルドカード」とは、ファイル名やディレクトリ名の文字列のパターンを指定する際に使用する特殊文字のことです。URLパターンを指定する際に 「**」(ワイルドカード)を使用すると複数ページをまとめて指定できるため、URLをページごとに記載する必要がなくなります。

■URLパターンの入力について

URLパターンを設定することで、ページをグループ分けして各種サービスタグを登録できます。
<旅行サイトの構造例>
ページを設定する3

<上記旅行サイトにおいて、ワイルドカードを使用したURLパターンの記載例>

URLパターン 対象となるページ
http://www.example_trv.co.jp/tour/** ツアー以下すべて
(国内旅行・海外旅行すべてオプション含む)
http://www.example_trv.co.jp/**/kokunai/** ツアー・個人の国内旅行を含むすべて
(オプション含む)
http://www.example_trv.co.jp/** 〇〇〇トラベル配下すべてのページ

※正規表現およびワイルドカードを利用したURLパターン表記に関する詳細は、有償サポートの対象範囲としてご案内しています。

ヒント
  • ウェブページ上でアンカーなどを設置する際に使用するURL中の「#(番号記号)」はサーバーへのリクエストに含まれません。そのためURLパターンに指定した場合も無効となりますのでご注意ください。
  • タグを実行するページが「http」と「https」の両方ある場合は、「http/https」を省略して登録する、もしくは「http/https」を 両方とも登録してください。URL パターンで「http/https」を省略して入力した場合は、「http」と「https」の両方に一致するとみなされます。
  • URL パターンでパラメーターを有効にする必要がある場合は、パラメーターまで含めたURLを記述してください。パラメーターの記述を省略した場合、パラメーターを無視してタグが実行されます。
    例1:ページ設定に「http://sample.xx/?id=1234」まで記述して設定した場合
    →末尾の「/?id=1234」まで含めてURLとして区別されます。
    例2:ページ設定に「http://sample.xx」まで記述して設定した場合
    →「http://sample.xx/」だけでなく「http://sample.xx/?id=1234」なども含めてすべて一致していると見なされます。
  • 1つのユニバーサルタグで、異なる複数のドメインを管理する場合は、管理対象のページすべてにユニバーサルタグを設置し、異なるドメインのURLにマッチングするURLパターンを登録してください。なお、登録するURLパターンを「**」で設定した場合、すべてのページに一致するパターンとみなされ、異なるドメインすべてのページに反映されますのでご注意ください。
    ユニバーサルタグのサイトへの設定については、「ご利用開始方法 ステップ2(ユニバーサルタグの取得と設定)」を参照してください。

(3)「このページに設定するURLパターンの大文字と小文字を区別しない」
URLパターンに設定した文字列は通常、大文字と小文字を区別して判定されますが、この項目にチェックを入れると、大文字と小文字の区別なく判定が行われます。
※例:チェックを入れた場合、「yahoo.co.jp/news/article」と「yahoo.co.jp/news/Article」は同一の文字列と判定されます。
(4)コメント
ページのコメントを入力します。必要に応じて入力してください。

7.ページ詳細画面から設定内容の編集を行う[操作手順7に戻る

ご利用開始方法 ステップ3(ページを設定する)5
(1)設定情報の編集
設定した「ページ名」や「コメント」を修正する場合は、メニューの「編集」をクリックします。編集が完了したら[保存]ボタンを押してください。
(2)URLパターンの編集
「URLパターン」の「編集」をクリックすると、登録済みの「対象URL」の修正やURLの追加、また「対象外URL」の追加ができます。
(3)サービスタグ設定
ページに設定するサービスタグを選択するときは「サービスタグ設定」をクリックします。詳細手順は、「ご利用開始方法 ステップ5(タグの追加と設定)」を参照してください。