Yahoo!プロモーション広告

スポンサードサーチ ヘルプβ

データ自動挿入リストの確認・修正・削除 【キャンペーンエディター】

キャンペーンエディターでインポートしたデータ自動挿入リストの操作方法は、以下のリンク先をご参照ください。

ご注意
キャンペーンエディターで入力、修正した情報は、キャンペーンエディターからデータをアップロードし、広告管理ツールに反映すると作業が完了します。データのアップロード方法は以下をご参照ください。
データのアップロード方法

 

■リストの確認

  • 操作手順
    1. 「共有ライブラリ」タブをクリック
    2. 「データ自動挿入リスト」をクリック
    3. 左側のアカウントツリーエリアで、アカウント名の左側にある「+」をクリック
      account tree
    4. インポート済みのデータ自動挿入リストが表示されるので、確認するリスト名をクリック
      imported list
    5. 右側のデータエリア上に、クリックしたリストの詳細が表示される。
      details

 

■リストの修正

キャンペーンエディター上では、リストの修正はできません。リストをキャンペーンエディターからエクスポートして、パソコン上で修正のうえ、再度インポートしてください。エクスポート方法は以下のとおりです。

  • 操作手順
    1.  「共有ライブラリ」タブをクリック
    2. 「データ自動挿入リスト」をクリック
    3. 「データ自動挿入リストのエクスポート」をクリック
    4. 左側のアカウントツリーエリアで、アカウント名の左側にある「+」をクリック
    5. インポート済みのデータ自動挿入リストが表示されるので、エクスポートするリスト名をクリック
    6. 右側のデータエリア上に、クリックしたリストの詳細が表示されるので、「データ自動挿入リストのエクスポート」をクリック
      export
    7. ファイルの保存先を指定するウインドウが表示されるので、パソコン上の希望の場所を選択して[保存]ボタンを押す
    8. パソコンの指定した場所にエクスポートしたファイルが保存される

エクスポートしたリストを使って、既存のデータ行の修正や、新規行の追加を行います。

<既存のデータ行の修正>
希望の行や項目のデータを修正します。リスト内の「データ自動挿入リスト(詳細)」は、既存行を表す項目のため、変更しないでください。
新たに行(データ)を追加する場合は、「データ自動挿入リスト(詳細)」は空欄にしてください。キャンペーンエディターへのインポート後、広告管理ツールへアップロードする際に発行されます。

<項目の追加、削除>
インポートを行ったリストの項目(列)の順番および項目名は、あとから変更できません。また、列の削除もできません。
列を追加する場合は、リストの一番右端に、新たな列として追加してください。

ヒント
エクスポートしたリスト内の以下項目は変更不要です。インポート時に、必要に応じてシステム側で処理します。
  • 審査状況
  • 審査否認理由コード
  • キャンペーンID
  • 広告グループID

<修正を反映する>
修正したリストは、再度インポート、およびアップロードすることでアカウントへ反映されます。
インポートの手順は、以下のヘルプをご確認ください。
アドカスタマイザーの入稿手順(2)作成したリストをインポートする

 

■リストの削除

  • 操作手順
    1. 「共有ライブラリ」タブをクリック
    2. 「データ自動挿入リスト」をクリック
    3. データエリアにデータ自動挿入リストの一覧が表示された状態で、削除するリストを右クリックする
    4. 表示されるメニューから、[削除]を選択
    5. 「ステータス」欄に「削除中」と表示される。また、画面左側のアカウントツリー欄で、選択したリスト名に取り消し線が入った状態になる。
      この状態で「データのアップロード」を実施し広告管理ツールに反映すると、選択したリストが削除されます。
ヒント
一度使用したリスト名は、リストの削除後も再使用できません。
同じリスト名のファイルは、アップロード時に「名称が重複しています」というエラーが表示され、アップロードできません。
duplicated