Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

3. ユーザーに不快感を与えるような表現【第2章7.(1)(4)(5)(7)関連】

広告掲載基準

以下のようなクリエイティブは掲載できません。
(1)  高速で振動したり、点滅したり、単純な動作をするもの もっと詳しく
(2) 人体の局部を強調した画像を使用したもの、人体のコンプレックス部分が露骨に表現されているものもっと詳しく
(3) 過度な肌露出があるもの、性に関する表現が露骨なものもっと詳しく
(4) 恐怖感や不安感を与えるおそれのあるものもっと詳しく
(5) その他ユーザーに不快感・嫌悪感を与えるおそれのある表現もっと詳しく

関連基準

第2章 ユーザーの利便性のための基準
7. ユーザーに迷惑となる広告の禁止【第9章4.5.関連】

解説

ユーザーに不快感、嫌悪感、恐怖感を与えるような表現はできません。
代表的な禁止表現を掲載基準に定めています。

(1) 高速で振動したり、点滅したり、単純な動作をするもの掲載基準(1)に戻る
高速で振動、点滅したり、単純なループを繰り返すようなアニメーションを行うものは、ユーザーに不快感、嫌悪感を与える可能性があるためできません。
激しい光の振動、点滅は人体に悪影響を及ぼす可能性があるため、特に注意が必要です。

(2) 人体の局部を強調した画像を使用したもの、人体のコンプレックス部分が露骨に表現されているもの掲載基準(2)に戻る
目や口など、人体の局部を強調したものや、コンプレックス部分を露骨に表現したものは、ユーザーに不快感、嫌悪感を与える可能性があるためできません。
事例

掲載可否 広告例 理由
掲載不可 局部アップ目 人体の局部(目)を強調しているものは、ユーザーに不快感、嫌悪感を与える可能性があるため掲載できません。
掲載不可 コンプレックス強調腹部 人体のコンプレックス部分を露骨に表現しているものは、ユーザーに不快感、嫌悪感を与える可能性があるため掲載できません。

(3) 過度な肌露出があるもの、性に関する表現が露骨なもの掲載基準(3)に戻る
性別問わず過度に肌を露出しているものや、直接的、間接的に性を連想させるような表現は、ユーザーに不快感、嫌悪感を与える可能性があるためできません。

(4) 恐怖感や不安感を与えるおそれのあるもの掲載基準(4)に戻る
以下のような表現は、ユーザーに恐怖感、不安感を与えるおそれがあるため掲載できません。

  • 流血シーンなどホラー、猟奇的要素の強い表現
  • 昆虫や爬虫類などの写真を大きく使用した表現
  • 「○○しないと不幸になります」のように不安感を煽っている表現

(5) その他ユーザーに不快感・嫌悪感を与えるおそれのある表現掲載基準(5)に戻る
以下のような表現は、ユーザーに不快感、嫌悪感を与えるおそれがあるため掲載できません。

  • 画質が粗いなど周りのコンテンツと著しくなじまない表現
  • 品のない表現 
ご注意
※掲載基準は変更される可能性があります。
※例示している広告表現はイメージです。
※例示している組織・団体名、数字は架空のものです。