Yahoo!プロモーション広告

スポンサードサーチ ヘルプβ

広告の作成 (PC・スマートフォン・タブレット用)

スポンサードサーチでは、Yahoo! JAPANや提携パートナーサイトの検索画面で、検索されたキーワードと関連性が高いと判断された場合に広告が表示されます。広告は表示されただけでは課金されず、広告がユーザーにクリックされてはじめて課金されます。

ヒント
ご注意

広告の登録内容(タイトル、説明文、URL)は変更できません。作成完了後に広告の内容を編集する場合は、お手数ですが、新たに広告を作成してください。また、不要となった広告は削除、もしくは配信設定をオフに変更してください。広告の削除、および配信設定の変更方法は、以下のページをご参照ください。
広告の削除
広告の配信設定(オン/オフ)の変更

PC・スマートフォン・タブレット用広告の作成方法は、以下のとおりです。

広告を作成する

  • 操作手順
    1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
    2. 「キャンペーン管理」タブをクリック
    3. 左ナビゲーションパネル上段の[アカウント選択]で適切なアカウントが選択されているか確認
      アカウントを変更する場合は[アカウント選択]ボタンを押して、アカウント一覧から選択します。
    4. [広告]サブタブをクリックしてから、[広告作成]ボタンを押す
      または左ナビゲーションパネル下段の「新規作成」をクリック後、「広告作成」をクリック
    5. 「作成場所」に手順3で選択したアカウント名が表示されているかを確認
    6. 「対象を選択」で広告を登録するキャンペーン(標準キャンペーン)と広告グループを選択

      末尾に「(標準)」と記載されたキャンペーン名を選択してください。
      「対象を選択」が表示されていない場合は、すでにキャンペーンと広告グループは選択されています。「作成場所」を確認してください。
    7. PC・スマートフォン・タブレット用広告の作成項目が表示されることを確認

      ※画面の項目名に「*」が付いているのは入力必須項目です。
      ヒント

      広告作成の画面から、同一広告グループ内の既存の広告をコピーできます。[もっと詳しく]

    8. 広告名を入力
      広告名は広告グループの中で各広告を識別するための名称です。
    9. 入稿形式
      「拡大テキスト広告」と表示されます。
      ※「アドバンスドURL形式」での入稿は、2017年3月8日で終了しました。
    10. タイトルを入力
      タイトルは、検索結果に表示される広告の見出しです。
    11. 説明文を入力
      説明文は、検索結果に表示される広告の本文です。登録キーワードやウェブサイトの内容と関連性が高く、明確な説明文を作成してください。
      ヒント

      キーワードの自動挿入機能を利用することで、タイトルや説明文に登録キーワードを挿入できます。[もっと詳しく]

      ご注意

      入力したタイトルまたは説明文が以下の条件に当てはまる場合、システムにより該当箇所が変換、または削除されます。

      • 全角スペースを入力した場合…半角スペースに変換
      • 半角カナを入力した場合…全角カナに変換
      • 連続してスペースを入力した場合…1つのスペースのみ残し、それ以外のスペースは削除
      • 説明文の前後にスペースを入力した場合…説明文前後のスペースを削除
    12. 最終リンク先URL
      ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURLを入力します。
    13. 表示URLを入力
      表示URLは、検索された際に広告の一部として表示されるURLです。「最終リンク先URL」欄に入力した内容に応じて自動生成されます。

      自動生成された表示URLに対して、ディレクトリを2つまで任意で設定できます。これにより、最終リンク先URLのページの内容を分かりやすく伝えられます。なお、ディレクトリ2を設定する場合は、ディレクトリ1の設定が必要です。ディレクトリ2のみの設定はできません。


      ご注意
      • 広告作成の際、表示URLに登録できないURLがあります。
      • 広告配信時に、URLの一部を省略して「…」で表示する場合があります。
      • 一部の日本語URLは、広告配信時にPunycode形式のURL(xn--で始まる半角英数字のURL)に変換される場合があります。
      ヒント
      キーワードの自動挿入機能を利用することで、表示URLのディレクトリに登録キーワードを挿入できます。[もっと詳しく]
    14. スマートフォン向けURL
      ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページがPCとスマートフォンで異なる場合に、スマートフォン向けページのURLを入力します。
      スマートフォン向けページを持たない、またはURLが同じ場合は、設定不要です。
      ご注意
      • 広告作成の際、最終リンク先URLやスマートフォン向けURLに登録できないURLがあります。
      • スマートフォン向けURLは、最終リンク先URLおよび表示URLとドメインが一致している必要があります。
    15. URLオプション
      トラッキングURLとカスタムパラメータを設定できます。詳細は以下のページをご参照ください。
      トラッキング情報の管理について
    16. ウォッチリストを設定
      ウォッチリストは重要な広告や頻繁に確認したい広告などの目印として利用します。設定するには「ウォッチリストに追加」にチェックを入れます。
    17. 広告作成終了、[保存]ボタンを押す

    ■広告入力時の既存広告のコピーについて  [操作手順7に戻る]

    同一広告グループ内の既存の広告をコピーする場合は、画面右側の「広告グループに保存されている広告」で、コピーする広告の上に表示されている「コピー」をクリックします。既存の広告が入力欄にコピーされるので、必要に応じて変更します。

    ヒント
    • 広告グループに最初に広告を作成する場合は、「広告グループに保存されている広告」の欄に「コピー」は表示されません。
    • 2017年3月8日でアドバンスドURL形式の入稿が終了したため、アドバンスドURL形式の広告はコピーできません。

    ■キーワードの自動挿入機能について [操作手順11に戻る][操作手順13に戻る]

    キーワードの自動挿入機能を利用して、広告(タイトル、説明文、表示URLのディレクトリ)に登録キーワードを挿入できます。自動挿入により規定文字数をこえる場合は、「補完テキスト」が挿入されます。詳細は以下のページをご参照ください。
    キーワードの自動挿入機能の設定方法
    補完テキストとは

広告運用に役立つおすすめ情報