Yahoo!プロモーション広告

スポンサードサーチ ヘルプβ

コンバージョン数とすべてのコンバージョン数の違いを教えてください

コンバージョンとは、広告をクリックしてサイトに訪問したユーザーがサイト上で商品の購入や、会員登録、資料請求など、広告主にとって「成果」とみなされる行動をとることをいいます。その成果の数が「コンバージョン数」であり、コンバージョン数には、「コンバージョン数」と「すべてのコンバージョン数」があります。

コンバージョン数は、広告1回のクリックに対して7~90日(任意の計測期間)内に発生したコンバージョンの数です。計測方法で「初回のみ」を選択している場合は、最初に発生したコンバージョンのみがカウントされます。1回の広告クリックに対し複数のコンバージョンが発生しても、2回目以降のコンバージョン数はカウントされません。
例えば、ユーザーがウェブサイトで商品を購入し、コンバージョン測定タグを設置しているサンクスページが表示された場合、「コンバージョン数」は1回カウントされます。その後、同じユーザーが再びサイトに戻りもう1回商品購入を行いサンクスページが表示されても、コンバージョン数は増えません。

ヒント
複数のコンバージョン設定がある場合は、それぞれの設定で初回のコンバージョンがカウントされます。
例えば、サービス別に資料請求Aと資料請求Bのページを用意し、それぞれ別のコンバージョン設定をしていたとします。ユーザーが広告クリック後、双方の資料請求を行った場合は、それぞれのコンバージョンに数値がカウントされます。

一方、計測方法で「毎回」を選択している場合は、同一ブラウザーで複数のサンクスページが表示されると、毎回計測を行います。

コンバージョン数のカウント方法

ご注意
自動入札への利用「しない」を選択している場合、「コンバージョン数」の項目には数値が計上されません。

すべてのコンバージョン数は、広告1回のクリックに対して7~90日(任意の計測期間)内に発生したコンバージョンをすべてカウントします。

「コンバージョン数」は自動入札に利用される指標であるため、「コンバージョン数」と「すべてのコンバージョン数」の違いは、自動入札への利用の有無で異なります。

  • 自動入札への利用「する」を選択している場合:コンバージョン数およびすべてのコンバージョン数において数値がカウントされます。
  • 自動入札への利用「しない」を選択している場合:コンバージョン数では数値はカウントされませんが、すべてのコンバージョンでは数値がカウントされます。
ご注意
「計測方法」の初期設定値は「毎回」です。2016年11月24日にコンバージョン測定に追加された「計測方法」で「初回のみ」を設定した場合でも、11月23日以前の「コンバージョン数」および「すべてのコンバージョン数」に表示される数値は「毎回」として計測された数値です。

以下の設定情報と各指標の数値例を参考に、コンバージョンの設定を行ってください。

コンバージョンの設定情報と各指標の数値例

例:
「1コンバージョンあたりの価値」が500円で、同一ブラウザーから5回コンバージョンがあったとき

 自動入札への利用  計測方法  各指標
 利用する  初回のみ  ・コンバージョン数:1
・すべてのコンバージョン数:1
・コンバージョンの価値:500円
・すべてのコンバージョンの価値:500円
 利用する  毎回  ・コンバージョン数:5
・すべてのコンバージョン数:5
・コンバージョンの価値:2500円
・すべてのコンバージョンの価値:2500円
 利用しない  初回のみ  ・コンバージョン数:0
・すべてのコンバージョン数:1
・コンバージョンの価値:0円
・すべてのコンバージョンの価値:500円
 利用しない 毎回   ・コンバージョン数:0
・すべてのコンバージョン数:5
・コンバージョンの価値:0円
・すべてのコンバージョンの価値:2500円

アプリダウンロードキャンペーンの場合

アプリダウンロードキャンペーンの場合、コンバージョン数は標準キャンペーンのコンバージョン数と同様にカウントされますが、すべてのコンバージョン数は測定タイミングによりカウント方法が異なります。
測定タイミングが「アプリダウンロード」または「アプリ初回起動」の場合、1回の広告クリックに対して、コンバージョン設定ごとに1回のみコンバージョンをカウントします。
「アプリ内ユーザー行動」の場合は、アプリ内で何らかの「成果」となる行動があった際、1回のクリックに対し7~90日(任意の計測期間)内に発生したコンバージョンを、コンバージョン設定ごとにすべてカウントします。