Yahoo!プロモーション広告

スポンサードサーチ ヘルプβ

ステップ5:広告の掲載結果を確認しましょう

広告の掲載を開始して1週間程度経過したら、広告の掲載結果を確認します。
ここでは掲載結果を確認するための基本的な指標と、確認方法について説明します。

基本的な指標

広告の掲載結果を確認するための基本的な指標は、以下の3つです。

  1. インプレッション数
  2. クリック数
  3. クリック率

1. インプレッション数

インプレッション数とは、作成した広告が掲載された回数です。

インプレッション数が1件以上:作成した広告が掲載されたことを示します

インプレッション数が0件:作成した広告が掲載されなかった状態です

ヒント
広告を作成してから1週間経過しても広告が掲載されない場合は、何らかの原因により広告が掲載されていない可能性があります。広告が掲載されない原因については、以下のページを確認してみましょう。
広告が掲載されていない・インプレッションが少ない時のチェックポイント

2. クリック数

クリック数とは、インターネットユーザーによって広告がクリックされた回数です。

クリック数が1件以上:掲載された広告がクリックされたことを示します

クリック数が0件:広告がクリックされなかった状態です

ヒント
  • インプレッション数も0件の場合
    広告が掲載されなければ、広告のクリックも発生しません。広告が掲載されない原因について以下のページも確認してみましょう。
    広告が掲載されていない・インプレッションが少ない時のチェックポイント
  • インプレッション数は十分な数値が計測されている
    広告が掲載されたにも関わらず、広告がインターネットユーザーにクリックされなかった状態です。クリック数が想定よりも少ない場合は、以下の原因などが考えられます。
     ‐広告と検索キーワードとの関連性が低いためクリックされない
     ‐広告の掲載順位が低いため広告の存在が認知されていない
    作成した広告の内容(タイトルや広告説明文)の見直しや、広告掲載順位の改善策を実施することでクリック数が増加する場合があります。広告内容の見直しや掲載順位の改善については、以下のページも確認してみましょう。
    効果的な広告の改善例
    掲載順位を上げるには

3. クリック率

クリック率とは、掲載された広告のうち、クリックされた広告がどのくらいの割合かを示します。

クリック率は以下の計算式で算出します。
クリック率(%)=クリック数÷インプレッション数×100

以下の場合は、クリック率は0.5%(5÷1000)になります。
  • 広告が掲載された回数(インプレッション数): 1000回
  • クリック数: 5回
ヒント
クリック率は、「どの広告が効果をあげているか?」や、「内容の見直しが必要な広告やキーワードはどれか?」などを判断する際に参考にできます。クリック率の値をもとに効果の高い広告を見極めるなど、広告運用の改善を進める場合は、以下のページも確認してみましょう。
クリック率の高い広告文はどっち?答えはA/Bテストで

基本的な指標を広告管理ツールで確認する

「インプレッション数」「クリック数」「クリック率」の値は、以下の画面で確認できます。

広告の掲載結果の表示方法

  • 操作手順
    1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリックします
    2. 「キャンペーン管理」タブをクリックし、キャンペーン管理画面を表示します
    3. 画面右上の「表示期間選択」をクリックして「過去7日間」を選択します
    4. 「表示内容選択」にて値の表示単位を選択します
    5. 「インプレッション数」「クリック数」「クリック率」の値を確認します

 

以上で、はじめてガイドの全ステップは完了です。

スポンサードサーチでは、このほかにもさまざまな機能をご用意しています。
広告掲載の範囲を設定できる地域ターゲティングや、広告(タイトル・説明文)へのキーワード自動挿入機能など便利な機能の詳細は、スポンサードサーチヘルプをご活用ください。