Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

コンバージョン測定の新規設定(電話発信)

電話発信コンバージョンは、スポンサードサーチの広告を経由してサイトを訪問したユーザーが、電話発信用リンクをタップ、またはクリックした件数を測定するものです。Cookie情報を基に訪問者が電話発信用リンクをタップ、またはクリックしたかをチェックし、計測期間以内にタップ、またはクリックの履歴があれば有効なコンバージョンとしてカウントします。ただし、訪問者のブラウザーがCookieを受け入れる設定となっている必要があります。

電話発信コンバージョンは、お客様のサイト内に「コンバージョン測定タグ」と「オンクリックイベントタグ」を設置して測定します。

ヒント
  • 「オンクリックイベント」とは、ユーザーのタップまたはクリックに対して、登録しているプログラムを実行するイベント(JavaScriptを利用する際にユーザーの操作に対して動作する属性)のことです。
  • 電話発信コンバージョンでは、電話発信の有無に関係なく、電話発信用リンクのタップ、またはクリックがコンバージョンとして計上されます。そのため、該当広告の作成時に、スマートフォンに優先的に配信される「優先デバイス」の設定を行うことをおすすめします。
    スマートフォンに優先的に広告を配信する
  • コンバージョン測定は、ウェブページ・電話発信・アプリダウンロードの3種類あわせて1,000件まで設定可能です。
  • 2018年7月5日以降に新規設定したコンバージョン測定では、デバイス(端末)をまたいで発生したコンバージョンが測定されます。機能の詳細は「デバイス(端末)をまたいだコンバージョン測定」をご参照ください。
ご注意
  • コンバージョン測定の新規設定は、管理者または利用者(登録更新権限)のみ可能です。
  • JavaScriptを利用しないウェブページのコンバージョンは測定できません。
  • 同一ページ内に、複数の電話発信のコンバージョン測定タグは設定できません。

なお、Yahoo!タグマネージャーでのご利用も可能です。Yahoo!タグマネージャーの詳細とご利用方法については、以下の公式サイトおよびヘルプをご参照ください。
Yahoo!タグマネージャー公式サイト
Yahoo!タグマネージャー ヘルプ

 

コンバージョン測定(電話発信)の新規設定方法

電話発信の「コンバージョン測定タグ」および「オンクリックイベントタグ」の作成と設置は、以下の手順で行います。

操作手順
  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. 「ツール」タブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「コンバージョン測定」をクリック

    または「ツール」タブをクリックし、「ツール一覧」画面で「コンバージョン測定」をクリック
  3. 「コンバージョン設定」タブを選択
    id1169_3
  4. 「コンバージョン設定」画面で[コンバージョン測定の新規設定]ボタンを押す
  5. コンバージョン測定の新規設定画面が表示
  6. 「コンバージョン名」を入力
    測定の目的や測定タグの設定条件などに合わせて、全半角問わず100文字以内で任意の名称を設定します。コンバージョン測定の実績値を確認する際に識別しやすい名称を設定することをおすすめします。
    ヒント

    アカウント内で同一のコンバージョン名は設定できません。なお、任意の名称を入力しない場合は、入力欄に表示された名称がコンバージョン名として設定されます。

  7. 「コンバージョン種別」を選択
    プルダウンメニューで「電話発信」を選択します。
  8. 「コンバージョン測定の目的」を選択
    コンバージョン測定の目的を、「購入/販売」「お申し込み」「販売促進」「主要なページの閲覧」「その他」から選択します。
    目的 利用する場合 導入ページ例
    購入/販売 商品の注文やサービスへのお申し込みなど、販売につながった測定を行う場合 「ご購入ありがとうございました」などの販売完了ページ
    お申し込み 会員やメールマガジンの登録数などの測定を行う場合 「ご登録ありがとうございました」などの登録完了ページ
    販売促進 資料請求数やサービス、商品に関する問い合わせ数などを測定する場合 「お問い合わせいただきありがとうございました」などのお問い合わせ完了ページ
    主要なページの閲覧 お客様のビジネスにとって重要なページをユーザーが閲覧した回数を測定する場合 ウェブページでユーザーに見てほしいページ
    その他 上記以外の目的の場合  
  9. 「計測方法」を選択
    計測方法を「初回のみ」もしくは「毎回」から選択します。
    ・初回のみ:広告クリックを行ったブラウザーで計測期間内に発生した最初のコンバージョンのみを計測します。
    ・毎回:広告クリックを行ったブラウザーで計測期間内に発生したコンバージョンを毎回計測します。
    ご注意
    「計測方法」の初期設定値は「毎回」です。2016年11月24日にコンバージョン測定に追加された「計測方法」で「初回のみ」を設定した場合でも、11月23日以前の「コンバージョン数」および「すべてのコンバージョン数」に表示される数値は「毎回」として計測された数値です。
  10. 「自動入札への利用」を選択
    このコンバージョン設定で発生するコンバージョンを、コンバージョン数を用いた自動入札に利用するかどうかを選択します。この設定は、自動入札を利用する際コンバージョン数から特定のコンバージョンを「除外」することを目的としています。
    例えば、ある商品について2通り(「カートに入れる」「購入」など)のコンバージョンを測定したいが、「購入」のコンバージョン単価に基づいた自動入札を行いたい場合、以下のように設定してください。
    ・「カートに入れる」のコンバージョン設定:自動入札への利用「しない」
    ・「購入」のコンバージョン設定:自動入札への利用「する」
    ご注意
    ・自動入札への利用「する」を選択した場合も、自動入札の利用は必須ではありません。
    ・自動入札への利用「しない」を選択した場合、キャンペーンなどの「すべてのコンバージョン数」の項目には数値が計上されますが、「コンバージョン数」の項目には数値が計上されません。

    自動入札設定については以下のヘルプをご参照ください。
    自動入札設定とは
    自動入札タイプ「コンバージョン数の最大化」

  11. 「計測期間」を入力
    コンバージョン測定では、広告1回のクリックに対し、任意で設定した計測期間内に発生したコンバージョンを計測します。取り扱う商材に応じて、コンバージョン測定の計測期間を7~90日で設定してください。
    例えば、扱っている商材が自動車など高額な商材の場合、ユーザーが購入を検討しコンバージョンに至るまで1カ月以上かかる可能性があります。そのような場合、計測期間を最大の90日に設定しておくことで、1カ月以上検討したユーザーのコンバージョンも測定が可能です。
  12. 「1コンバージョンあたりの価値」を入力(任意)
    1コンバージョンあたりの金銭的価値(売上金額)を半角数字13文字以内で入力します。
    ヒント

    ・本項目を設定することで、売上金額をレポートなどで確認できます。
    ・コンバージョンごとに売上金額が異なる場合は、任意の金額を入力してコンバージョン測定タグを取得後、売上金額を取得できるようにタグを変更することで、売上金額の計測が可能です。設定方法は「コンバージョン測定タグの高度な設定」で確認できます。

  13. 「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」を確認
    デバイスをまたいだコンバージョンの測定が「する」になっていることを確認します。
    ヒント
    2018年7月5日以降に新規設定したコンバージョン測定では、すべてデバイス(端末)をまたいで発生したコンバージョンが測定されます。
  14. [保存してタグを取得]ボタンを押す
    作成したコンバージョン設定の情報が保存されます。
  15. 同じ画面の「コンバージョン測定タグ」の欄に表示されたコンバージョン測定タグをコピー
  16. コピーしたコンバージョン測定タグを、コンバージョンを測定するウェブページの<body>と</body>の間に貼り付け
    ヒント

    コンバージョン測定タグを貼り付けると1×1ピクセルの透過gifがウェブページに表示されるため、デザインに影響のない範囲で利用してください。

    ご注意

    1つのウェブページに、複数の電話発信コンバージョン測定タグを貼り付けないでください。

  17. お客様のウェブページに合わせてオンクリックイベントタグを作成
    電話発信用のリンクのタイプにあわせてオンクリックイベントタグを作成します。

    テキストリンクの場合
    画像リンクの場合
    ボタンリンクの場合

  18. 作成した「オンクリックイベントタグ」を、手順16でコンバージョン測定タグを挿入したウェブページに貼り付けます。挿入位置は、<body>と</body>の間で、電話発信用のリンクを表示したい場所です。
    ヒント

    ・同一ページ内にある複数の電話発信用リンクに対して、オンクリックイベントタグを設置することは可能ですが、コンバージョン数はそれら複数のリンクの合算となります。
    ・電話発信用のリンクが既にウェブサイトに設定されている場合、オンクリックイベントタグを埋め込む際に書き換えが必要になることがあります。

  19. 「コンバージョン測定タグ」と「オンクリックイベントタグ」を貼り付けたファイルを保存し、ウェブサーバーにアップロード

17.オンクリックイベントタグの作成(テキストリンクの場合) [操作手順17に戻る]

サンプルタグの該当部分をそれぞれ以下の内容に置き換えます。

サンプルタグ:
<a href="#" onclick="yahoo_report_conversion('tel:03-XXXX-XXXX')">電話をかける</a>

置き換える内容:

サンプルタグの該当部分 置き換える内容>
03-XXXX-XXXX 電話発信コンバージョン測定を行う電話番号
電話をかける ハイパーリンクで表示するテキスト

17.オンクリックイベントタグの作成(画像リンクの場合) [操作手順17に戻る]

サンプルタグの該当部分をそれぞれ以下の内容に置き換えます。

サンプルタグ:
<img src="./image_phone_call.jpg" alt="Call:03-XXXX-XXXX" width="32" height="32" onclick="yahoo_report_conversion('tel:03-XXXX-XXXX')"></img>

置き換える内容:

サンプルタグの該当部分 置き換える内容
./image_phone_call.jpg 実際のボタン画像のファイル名
03-XXXX-XXXX 電話発信コンバージョン測定を行う電話番号
ヒント

タグ内に記載されているwidth="32" height="32" はスマートフォンに適したボタン画像ファイルの推奨サイズです。

17.オンクリックイベントタグの作成(ボタンリンクの場合) [操作手順17に戻る]

サンプルタグの該当部分をそれぞれ以下の内容に置き換えます。

サンプルタグ:
<button onclick="yahoo_report_conversion('tel:03-XXXX-XXXX')">発信(03-XXXX-XXXX)</button>

置き換える内容:

サンプルタグの該当部分 置き換える内容
03-XXXX-XXXX 電話発信コンバージョン測定を行う電話番号
発信(03-XXXX-XXXX) ボタン内に表示するテキスト
ご注意

設定したコンバージョン測定が適切に機能しているかを確認するには、ご自身で広告をクリックしてコンバージョンの発生を確認するか、実際のコンバージョンの発生をお待ちください。なお、コンバージョン測定タグ設置後、データが表示されるまでに時間がかかることがあります。

 

他社の電話発信コンバージョンとの併用について

スポンサードサーチの電話発信コンバージョンと、他社の電話発信コンバージョンは、以下の「タグの記載例」のようにオンクリックイベント処理を併記することで、同一ページで併用できます。

タグの記載例:
<a href="#" onclick="yahoo_report_ conversion(); xxxxxxxxxxxxxx('tel:03-XXXX-XXXX');" >電話をかける</a>
※太字部分(xxxxxxxxxxxxxx)は、他社のオンクリックイベント処理を記載します。

ヒント
  • 他社の電話発信コンバージョンと併用する場合、スポンサードサーチのオンクリックイベント処理と、他社のオンクリックイベント処理の双方に電話番号を記載すると、2回発信してしまう可能性があります。そのため、電話番号はどちらか一方の処理にのみ記載してください。
  • 併用する他社のオンクリックイベントタグの仕様により、電話発信コンバージョンが測定できない場合があります。そのため、他社の電話発信コンバージョンとの併用については、動作の保証はいたしかねます。

 

広告運用に役立つおすすめ情報