Yahoo!プロモーション広告

Yahoo!プロモーション広告 ヘルプ

コンバージョン設定情報の変更

コンバージョンの設定情報は、後から変更できます。

ヒント
  • コンバージョン測定の設定変更は、管理者または利用者(登録更新権限)のみ可能です。
    利用者と権限管理の仕組み
  • 2018年1月24日より、デバイスをまたいで発生したコンバージョンを測定可能です。デバイスをまたいだコンバージョン測定を開始するには、以下の手順で「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」を「する」に変更してください。なお、2018年7月5日以降にコンバージョン設定情報を編集する場合、設定状況や変更内容にかかわらず、「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」は「する」が設定されます。
    デバイス(端末)をまたいだコンバージョン測定

コンバージョン設定情報を変更する

操作手順
  1. 広告管理ツールの「スポンサードサーチ」タブをクリック
  2. 「ツール」タブの矢印(▼)をクリックしてプルダウンメニューから「コンバージョン測定」をクリック

    または「ツール」タブをクリックし、「ツール一覧」画面で「コンバージョン測定」をクリック
  3. 「コンバージョン設定」タブを選択
  4. 「コンバージョン設定」画面に一覧で表示されるコンバージョン名から該当のコンバージョン名をクリック
  5. 「コンバージョンの詳細」画面の[コンバージョン設定情報の変更]ボタンを押す
  6. 「コンバージョン設定情報の変更」画面で必要な項目を編集
    選択したコンバージョン種別によって、変更可能な項目は異なります。なお、XHTMLによるタグ設定は、2016年6月15日で終了しました。
    <変更可能項目>
    ・コンバージョン名
    ・コンバージョン測定の目的
    ・ステータス
    ・パッケージ名(アプリ)
    ・計測方法(ウェブページ、電話発信)
    ・自動入札への利用
    ・計測期間(ウェブページ、電話発信)
    ・1コンバージョンあたりの価値
    ヒント
    2018年7月5日以降にコンバージョン設定情報を編集する場合、設定状況や変更内容にかかわらず、「デバイスをまたいだコンバージョンの測定」は「する」が設定されます。
  7. [コンバージョン設定情報の変更]ボタンを押す
    「1コンバージョンあたりの価値」を変更した場合は、ポップアップ画面で「コンバージョン設定情報を変更」が表示されるので、記載内容を確認し[保存してタグを取得]ボタンを押します。
    ご注意

    ・自動入札への利用で「する」を選択した場合も、自動入札の利用は必須ではありません。
    ・自動入札への利用で「しない」を選択した場合、キャンペーンなどの「すべてのコンバージョン数」の項目には数値が計上されますが、「コンバージョン数」の項目には数値が計上されません。
    ・「1コンバージョンあたりの価値」を変更した場合は、コンバージョン測定タグも変更されます。「コンバージョン設定」一覧の「コンバージョン測定タグ」の欄で新たに発行されたタグをコピーして、サイト上のコンバージョン測定タグを新しいタグに差し替えてください。
    ・アプリダウンロード広告のコンバージョン測定において、2018年1月24日以降、同一アプリ(パッケージ)に対して「測定タイミング」が「アプリのダウンロード」と「アプリの初回起動」のコンバージョン測定の設定を作成した場合に、両方を自動入札に利用する設定はできません。
    これ以前に両方を自動入札に利用する設定にしていた場合は、そのままの設定で引き続き利用可能です。ただし、コンバージョン測定を変更する場合、両方を利用する設定は不可能となります。

コンバージョン測定の新規設定(ウェブページ)
コンバージョン測定の新規設定(電話発信)
コンバージョン測定の新規設定(アプリ)